スタビリティ製品情報

PRODUCT製品情報

2024bgt_sta_img002
 
スタビリティ特徴
   

  ラウンドで最も多く使うクラブ 「パター」のシャフト は50 年以上もの間、シンプルなスチールパイプ製から大きな変化がなかった。    
 一方、パターヘッドのデザインは年々進化し、それに伴って重量は劇的に増加している。その結果、安定させるのが難しいパターは、ますます不安定なストロークになっていた。    
 ブレークスルーゴルフ社の創業者バーニー・アダムスは、この問題を解決するために同社を設立。    
 最先端の施設、最新の技術を駆使し、一貫性・安定性を重視したパター専用シャフト「STABILITY – スタビリティ-」を開発した。    
 この驚くべき安定性とコントロール性を持つパターシャフトは、現在では多くのプロゴルファーに愛用されている。

 
スタビリティ VS 他社スチールシャフト
   

◆トラックマン4を使用した比較テスト    
  【条件】パッティング距離 約4.5m&様々な形状のパター(ブレード・マレット等)で15回試打した際のラインとロールアウトレンジの平均値    
 

トラックマン4試験結果
   
  【結果】スタビリティは他社のスチールシャフトと比べて、ターゲットラインに対して56%近いライン & 34%短いロールアウトレンジをキープ
   
 
 
     

◆QUINTIC BIOMECHANICSを使用した比較テスト    
  【条件】パッティング距離 約4.5m&様々な形状のパター(ブレード・マレット等)で15回の試打したトゥ・ヒールのブレを計測した平均値

スタビリティシャフトの試験結果

 

【結果】スタビリティ
ほとんど振動がなくスムーズ。安定した挙動を示している。

他社スチールシャフトの試験結果

 

【結果】他社スチールシャフト
不安定な振動が発生。例えセンターヒットでも弱くて不安定。

   
 
 
 
 
スタビリティ VS 他社カーボンシャフト
   

◆スタビリティと競合他社との比較    

  【条件】Quintic Ball Rollシステムを使用したロボットテスト、ブレードパターを使用し、比較。    
  【結果】精度・・・インパクト時のフェース角平均を集計したことろ、スタビリティは27%精度が高かった。    
      安定性・・・フェース角の標準偏差に基づき算出したところ、スタビリティは63%安定性が高かった。    

2024bgt_sta_img009

   
 
 
  

◆スタビリティ試打テスト参加者のヒアリング



スタビリティを試打したプレーヤーの実に56%のプレーヤーが「パッティングが改善した」と回答した。       
  計測器結果から、これまでのスチール製パターシャフトでは、パッティング時に歪みが発生しやすくプレーヤー本来の実力が発揮しずらいことは判明していたが、       
  実際の試打テストでもそれを実感でき人が多くいることがわかった。

スタビリティシャフトの試験結果

>>>高性能な革命的パターシャフトでパッティングに
安定性とコントロールを与える。

パター専用シャフト”スタビリティ”の製品情報は下のバナーをクリック!

2024bgt_sta_img011